スタッフブログ

 
フォーム
 
今年も始まりました!!
2017-01-13
こんばんわ 千葉です
 
2017年もスタート致しました
 
今週末から月寒東にて今年初の見学会を
 
開催いたします
 
年末年始は、少し頑張って家族旅行に行ってきました
 
心身共にリフレッシュ出来ましたし、おみくじも大吉”
 
幸先の良いスタートとなりましたので、今年もよろしくお願い致します
 
 
 
 
 
今年最後
2016-12-27
ポンタこと小野池がアップする今年最後のブログです。
 
いよいよ年末  車の運転をする方はイヤになる道路ですが  
 
  残りも安全運転で車の運転をして下さい。
 
12月に行った 第二回フォトコンテスト が今年を締めくくる最後の
 
イベントでした、沢山のお客様に足を運んで頂き本当にありがとうございました。 
 
イベントは前日にリクシルさんの協力を得てセッティングさせて頂きました
 
協力頂いた会社さんも前日にお願いしてセッティングを行います。
 
      ↓  こんな感じて準備
 
 
セミナーも開催する為事前の内容確認や飾りつけ等皆様に喜んで頂ける様計画しております。
 
      ↓今回は写真をセッティング 
 
 
      ↓セミナー風景です(セミナー後とらさんこと社長のマジックショーもありました) 
 
 
 来年も 1月にはお住まいされているお宅のバスツアー、2月には恒例の
 
超省エネ大賞を開催予定です!!
 
これからも今まで以上に皆様に喜んで頂ける様
 
色々なイベントを開催致しますので是非遊びに来て下さい。
 
仕事納めの方もいらっしゃると思いますが 良いお年をお迎え下さい。 
 
 
 
 
ホワイトイルミネーション
2016-12-25
営業の富樫です。
 
先週末の大雪すごかったですね。
12月の降雪量としては、50年ぶりの記録だとか。
雪かきにノロノロ運転に皆様お疲れではないでしょうか。
 
 
先日、数年ぶりに家族でホワイトイルミネーションを見に行きました。
 
 
 
大雪の後でしたので、雪に埋もれたイルミネーションもありましたが、
 
 今までのものとは違い感動です。
 
スズラン?のイルミネーションが見られずちょっと寂しいところもございますが。
 
 
プラネタリウムみたいなドームシアターもよかったです。
 
しばらく息子と鑑賞しておりました。
 
大通り会場は25日までとの事で、
これからは雪まつりの雪像造りが始まるようです。
 
 
 現在、完成現場見学会では、暖房運転中でして
実際に建物の暖かさを体感戴いております。
 
来年も1月14日より完成見学会を開催予定ですので、
お気軽にお問合せ下さい。
 
 
ドイツの大工~放浪の職人ヴァルツ
2016-12-24
 一年程度の間でしたが、黒人の妹がいた杉岡です。
今日は外国の大工さんの話をご紹介したいと思います。
 
 マイスター制度をいまだに守っているドイツ。
職人はマイスターとして社会的地位を認められています。
中でも大工には世界的にも珍しい“放浪しながら腕を認めてもらう”という仕組みが有ります。
それが「ヴァルツ」。
一定の修業を収めた若い職人は、建設会社からの仕事を求めながら歩き渡り国内を放浪します。
全ての大工希望者がこの道を進むわけではないらしいのですが伝統的な仕組みが面白い。
10年ほど前にNHKで番組を見た記憶がありまして、大まかなところだけでもご紹介させて頂きたいと思います。
 
 一定の職業訓練を受けた後、ヴァルツとなって放浪の旅を始める若き職人たち。
日本で例えるなら、職業訓練校を卒業した後、建設会社を訪ねていき「仕事やらせてください」とお願いして回る、という感じ。
全国を歩いて建設会社を訪ねまわり、仕事を任せてもらい、いっぱしの職人として通用するかどうかの腕試しをしながら実績を積む修行の旅。(そんなイメージです)
なんかロマンを感じますね~
 
ちなみにヴァルツにチャレンジする若き職人は、服装にも決まりが有ります。
要するに一目でヴァルツとわかる伝統を守らなければなりません。
数百年続いている伝統らしいですが、いつから始まったものかはわからないようです。
日本にももしもヴァルツがあったなら。
それを体験してきた職人と、体験していない職人を選べるとしたなら。
自分なら体験してきた人に、自分の家づくりを手伝ってもらいたいなぁ。
腕一本で世の中に通じるかどうかを試してきた経験を持つ職人。
ちょっとワクワクしませんか?
 
 ちなみに、木材の加工技術に関しては、日本もドイツも世界トップレベル。
他国とは一線を画すレベルの違いがあるようです。
工法を簡易にすることで、施工ミス減らすことを優先してきた住文化と、細かい技術の追求をする職人たちが根付いた風土の違いは明らかに乖離しています。
アメリカのフレーマーはそれはそれで面白い文化を持っているのですが、それはまた今度。
 
 
長ちゃんだより!
2016-12-18
こんにちは! 営業の長橋です。
 
昨日は、恵庭で地鎮祭を行ってきました。
 
いよいよこれから、お客様の家づくりが始まるわけなんですけど、
 
春の完成が待ち遠しいですね。
 
実はその地鎮祭を行う前、時間に余裕があったので宮司さんと世間話をしていたんですけど、
 
宮司さんもなかなか経験のないようないろんな話題を持っておりまして、
 
たとえば東区のようにマンションに囲まれた中での地鎮祭などは、
 
宮司さんて、声が通るもんだから、マンションの上層階から何事か始まったのかとおどろかれたり
 
四方のお浄めに、半紙を細かくしたのを、振る舞ったりしたときなんかは、
 
近隣の住人の方から、ごみを散らかすなって言われたりしたことがあるそうなんですよ、
 
お清めの儀式に対して、ひどいクレームをつける人たちもいるんだなぁとびっくりさせられました。
 
その時は、他社さんだったらしいんだけど、一枚一枚拾って帰ったらしいです。
 
日本の伝統儀式もなかなか浸透されてないんだなぁと、少々がっかりでした。
 
皆様も一生に一度のことだから、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか?
 
by長ちゃんでした
株式会社 大洋建設
〒007-0843
北海道札幌市東区北43条東
19丁目2-2 大洋ビル2F
TEL:011-780-1005
FAX:011-784-1009
(FAX番号が変わりました!)
qrcode.png
http://taiyoukk.com/
モバイルサイトにアクセス!
<<株式会社 大洋建設>> 〒007-0843 北海道札幌市東区北43条東19丁目2-2 大洋ビル TEL:011-780-1005 FAX:011-780-1007