大洋建設|新築住宅|注文住宅|札幌市東区北|工務店|耐震構造|ダブル断熱|高断熱|高気密|ハイブリッドハウス|ゼロエネルギーハウス|二世帯住宅|スマートハウス

お知らせ
 
株式会社大洋建設は2017年7月からイゼッチハウス北海道株式会社のグループ中核企業となり、7月以降の新築住宅は
イゼッチハウス北海道が担当いたします
 
これからもイゼッチハウス・大洋建設をよろしくお願いいたします
 
代表取締役 鏡原 勲
 

スタッフブログ

 
フォーム
 
適正価格
2013-04-07
本日(4月7日)から明日にかけて、天候は台風並みの大荒れ予想が出され

現時点7:20現在でも札幌市内、強い風と雨が降り注いでいます

皆様、お出かけの際にはくれぐれもご注意下さいませ

さて今回のテーマは、適正価格

前年度2011年 大洋建設のお引渡平均的坪単価の目安は45〜48万円の間で推移致しました

無論、軟弱地盤による支持杭の長短や設備仕様の基本外発注等により成約額にバラつきが生じますので

単なる目安としてお考え下さい

住宅をご検討のお客様はよく「御社の坪単価は幾らですか?」というご質問がございます

その回答として、前記の様な言い回しをいたしますが、正直なところ回答となってはいません

実際に、お客様がどのようなライフスタイルを希望され、設備機器に求める商品は何かをお聞きしなければ(無論、具体的なプラン作成が必須ですが)お答え出来ないのが事実です

ですが建築業者を選ぶ際の目安として○○ホームさんは坪単価○○と言う風に選択基準とする事には問題ありません

但し、各会社様を比較検討される場合、構造/仕様/取得後に掛かるメンテナンス費用も考え比較検討する事をご提案いたします

いくら建築に要するコストパフォーマンスが良いとはいえ、断熱性能が低く冬季の暖房費が嵩んだり、メンテナンス頻度があまりにも多くその度に費用拠出が生じ、結果的に30年間を1つの周期で捉えた場合、結果的に高くついたのでは本末転倒ではないでしょうか?

私達、大洋建設の営業は「物売り」では無い、住宅建築のナビゲーターとしてお客様に適切な判断をして戴く為の情報提供をするコンサルティング業務に徹しています

どうぞ、何なりとお問合せ下さいませ

 
学ぶと言うこと
2013-04-06
4月6日 土曜日 AM7:00 天候曇り 春と言うにはほど遠い肌寒い気温です 
いつものように会社でのブログ書き込みです
 
本日のお題は「学ぶ」という事
 
私(奥林)は本も好きですが、映画も好きです

今日、出勤途中の車の中で、ふと「セブン」のセリフを思い出しました
 
セブンとは、皆様もご存知かと思いますがモーガンフリーマン演じるサマセットとブラッド・ピット演じる新人刑事ミルズを主演として製作されたサイコサスペンスの名作です
 
連続殺人の現場には「七つの大罪」を示唆する文字が残されている
知性的で老練なサマセットは、犯人にたどり着く目星として教養のある人間しかも「七つの大罪」に関して記載されている文献としてダンテの「神曲」とカンタベリー物語を候補に上げ、違法に図書館の貸し出し記録を入手し犯人の手掛かりを探す、と言った流れで進行していきます
 
映画の中のワンシーン
 
モーガンフリーマンが本を調べるため、閉館した図書館に入る
2階では守衛が数人、笑い声をあげながらカードゲームに興じている
モーガンフリーマンは彼らを見上げながら

「守衛の諸君、理解に苦しむね。これだけの本があり、知識を学ぶチャンスだと言うのに君らときたら…一晩中ポーカーだ」
 
記憶を頼りに書いているので、こんなセリフだったかと思います
 
私達は溢れるばかりの情報の中で暮らしています。例えばインターネットで検索をすると、キーワードごと、膨大な候補が表示されます
 
ただ、表面上の調査と深く知るという事はまったく別のものの様な気がします
 
例えば、映画の中で出されたダンテの「神曲」地獄編 煉獄変 天国編からなる全14233行の壮大な叙情詩ですが
例えばウキペディア等で検索すると、要約した流れは理解出来る
但し、実際の叙情詩を読まなければ本当の意味は理解出来ないでしょう
読んで、何を言わんとしているか自分の頭で考える事、そうしなければダンテアリギエーリが何を表現したかったのか見えてこないかと思います
 
カンタベリー物語にしても同上
 
ジェフリーチョーサーが書いたこの本は、カンタベリー大聖堂に巡礼に向う道連れとなった身分も出生も違う人達が交代で退屈しのぎの話に興じると言った内容で、ボッカッチョの書いた「デカメロン」と同じ形式で書かれています
 
私自身「セブン」を見た後に、これらの本を知り、読んだ訳ですが、正直な所、読むのはキツかった
 
デカメロンやカンタベリーは物語形式でしたので面白く読めましたが、神曲に至っては叙情詩に免疫が無かった事から、煉獄編でやっと面白さを理解出来るようになった程度でした
 
実際、これらの本を読んでもビジネスにはまったく、役に立ちません
 
読まなくても、問題なく生きていけます
 
但し、絵が好きな方であれば「神曲」を題材としている名画が無数にあります(ちなみに私は、本も好きですが映画も好き、和洋問わず絵画も好きと言う、変態的体育会系であると自負しております)
 
西洋絵画の初期はいわゆる宗教画が最高峰でしたので、背景を知っていると知らないとでは解釈に雲泥の差が生じます
 
私達大洋建設の社員は、ポーカーに興じる守衛の立場では無く、メッセージから推察し考えるモーガンフリーマンの様な意識を持ち、日々変化する情報の洪水に流されず、お客様に真の提案が出来る集団でありたいと考えています
 
 
 
 
 
荒れ模様?
2013-04-05
4月5日(金) 朝7:30現在 天候は晴れ

いつも通り会社でブログを執筆中

天候は晴れなのに、荒れ模様とはいかに?

本日付、新聞で日銀 黒田総裁による発表で2年で270兆円にも上るマネタリーベースへの資金投入が各新聞の見開きを飾りました

長期国債だけでも100兆円規模の保有増を図るとか…

この発表を受け、長期金利は一時、過去最低の0.425%まで下がると言う結果になりました

なんとも大胆な資金投下です

この流れを受けて、住宅融資金利が下がるのはほぼ確定的だと思います

北海道で圧倒的取扱量を誇る2大地銀の担当者曰く、お互いに相手方の金利動向を見据えている状態です、との事でした

金利が下がるのは喜ばしいのですが、反面物価上昇+円安による輸入品の高騰が懸念されます

給与ベースが上昇せずに物価だけが上がり、消費税増税が行われれば消費者の購買意欲は一気に下がりせっかくの資金投入が結果として経済効果を得ずに終わる、なんて事もあるかも知れません

さわやかな天候とは裏腹に、経済は未だ荒れ模様?

 
国民栄誉賞
2013-04-04

プロ野球の長島氏と松井氏が師弟揃っての国民栄誉賞受賞との事で、数日前の発表がなされてからその後、色々な物議を醸し出しています

日本人大リーガーの先駆けとして後進の道筋を開拓した野茂選手はどうなのだ?とか

現役で第一線を未だに続けているイチローこと、鈴木一郎選手はどうなのだ?とか

もっとも国民栄誉賞の打診を鈴木選手に行ったところ「僕はまだ若いので…」と、やんわりと拒否されたとか

盗塁世界記録939を誇る福本豊氏は「そんなもの貰ったら、立ションも出来なくなる」と、立ションの是非は別にして誠、明快にお断りになられたとか

国民栄誉賞の選考基準をネットで検索するとウキペディアには以下の様に表記されています

本賞は、1977年(昭和52年)8月30日に内閣総理大臣決定された国民栄誉賞表彰規程に基づいており、その目的は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」[4]と規定されている。表彰の対象は、「内閣総理大臣が本表彰の目的に照らして表彰することを適当と認めるもの」[4]であり、かなり幅広い解釈が可能である。また公開されている授与基準の他に、「これまで功績を積み重ねてきた上に、さらに歴史を塗り替える、突き抜けるような功績をあげた」という「暗黙の了解」を満たしていることも必要だという[1]

正直なところ選考基準がまったく分かりません

知名度が高く、顕著な業績があれば良いという事は分かりますが
過去の受賞者を見ても、スポーツ界と芸能界に属しているのが条件なのか?と、思いたくなるほど偏りが見られます

選考基準にはその様な事は書かれていない筈ですが…広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な功績がコレに当たるのでしょうか?

2012年にノーベル賞を受賞されたiPS細胞により成熟細胞が初期され細胞の多様性が認められるとした研究成果を発表した京都大学の山中教授などは、ありとあらゆる医学の発展に寄与し、知名度飛びぬけた業績として、一番に受賞されるべきかと思いますが、いかがなものでしょう?

私達、大洋建設はお客様に選んでいただく立場です

無数にあるい同業他社様と明確に比較検討して戴ける情報提供を的確に行い
お客様が正しく選考出来る様にしなければいけないと強く思います

 

 
これからの時代
2013-04-04
4月3日 水曜日
 
4月に入り新入社員の入社式が終わり、着慣れないスーツに身を包んだ新入社員が緊張の面持ちで新人研修を行っているのでしょうか
 
雑誌のコラムなどで、最近の若者は自ら行動を起こさず、頭で分かったような事を言うがまったくと言って良いほど行動が伴わない…なんて趣旨の発言を目にします
 
私も管理職の端くれとして意見を開陳させて戴ければ、そんな事は無い
 
個人的には現代の若者に、日本の未来を見る人間の一人です
 
若者が行動を起こさないのは、その行動にどのような理由があり、その結果として得られる効果、及び成果が明確に理解出来ないからだと思います
 
彼等は行動理由が得心出来て始めて行動を起こします
 
非常に論理的なのでしょう
 
私も含め現在、管理職世代の人間は、論理的である事を「回りくどい、見てれば分かる」などと言って自分に無いスキルに対する忌諱から敬遠する風潮がありました
 
日本と言う単独民族特有の『雰囲気を読み理解するのが“是”』とする単独民族特有の同一観念の強要とでも言えば良いのでしょうか
 
グローバル化が進み、世界レベルにおいて国際社規に取り残されず生きていく為には、国際レベルでのディベート能力は必須となります
 
日本の教育制度でディベート訓練は、一部大学等においてカリキュラム化されているものの、義務教育過程においてはまったく取り入れられてはいないようです
 
非常に残念な事です
 
私達住宅の営業には、論理性が営業の必要スキルがとして定着しつつあります
 
昔は「あの人はいい人だから、頼みましょうか」などと言う、人間性に重きを置く風潮が多数を占めました
 
住宅の質的性能の上昇と共に建替えが減少し、一次取得者の増加及び低年齢化が進みました
この流れは今後も加速していくでしょう
 
つまり、論理的な思考を持つ若者達が今後の一次取得者となる
 
今後は、詭弁的話術の巧みさでは無く比較検討を明確に明示し、論理的な道筋で説明を行うスキルと、文章表現が出来る筆力は必須となっていくのではないかと思います
 
今日はオフです。時代に取り残されない様にお勉強をして、自分を少しでも成長させる事にします
 
 
 
 
 
株式会社 大洋建設
〒007-0843
北海道札幌市東区北43条東
19丁目2-2 大洋ビル2F
TEL:011-780-1008
FAX:011-784-1009
(FAX番号が変わりました!)
qrcode.png
http://taiyoukk.com/
モバイルサイトにアクセス!
<<株式会社 大洋建設>> 〒007-0843 北海道札幌市東区北43条東19丁目2-2 大洋ビル TEL:011-780-1008 FAX:011-780-1009