大洋建設|新築住宅|注文住宅|札幌市東区北|工務店|耐震構造|ダブル断熱|高断熱|高気密|ハイブリッドハウス|ゼロエネルギーハウス|二世帯住宅|スマートハウス

お知らせ
 
株式会社大洋建設は2017年7月からイゼッチハウス北海道株式会社のグループ中核企業となり、7月以降の新築住宅は
イゼッチハウス北海道が担当いたします
 
これからもイゼッチハウス・大洋建設をよろしくお願いいたします
 
代表取締役 鏡原 勲
 

高気密・高断熱

 
 
内・外W(ダブル)断熱工法
大洋建設では、優れた断熱材を使用した内外W(ダブル)断熱工法や、そのほかの様々な工夫により、夏涼しく冬温かい高い気密・断熱性を保った家づくりをおこなっています。
 
 
point1内外W断熱壁厚2倍施工
内外W断熱とは、断熱材を室内側(充鎮断熱)と外側(外張り断熱)両方に使用した工法で、充填断熱エスブロウール105mmの柱間への施工はもちろん、柱の外側に60mmの高性能断熱材を施工し、すっぽりと建物全体を覆っています。
内部結露をおさえ、夏の暑さ、冬の寒さをシャットアウト。省エネにも大きな効果を発揮します。
 

大洋建設仕様!壁の厚み2倍!ダブル断熱

大洋建設仕様!壁の厚み2倍!ダブル断熱
 
 
 
 
 
 
 

内断熱工法

内断熱工法
 
 
内断熱工法
 
 
構造部材間の空間にグラスウールなどの断熱材等を詰めて断熱し、
小屋裏から家全体を包む内断熱工法。
 
メリット
   ・一般的な施工法としてほとんどの工事業者が用いており、繊維系の材料を使用すれば施工コス 
        トが安い。
   ・エアコンなどの空調を使用する場合、一定の広さであれば適温にするまでの立ち上がりがはや
    い。
 
デメリット
   ・構造体が断熱層のすぐ外側にあるため、日射や放射冷却による温度変化を受けやすく、かえって
        熱損失を増幅するため、室内温度を適正にするために必要以上のエネルギーを要する。
 
   ・外部側の構造体に絡む床や間仕切壁に関して、繊維系を施工した場合は施工精度によって断熱性
        能が大きく左右され、ヒートブリッジ現象の可能性がある。
 
ヒートブリッジとは…熱橋ともいい、外壁と内壁の間にある柱などが熱を伝える現象のことで、
   断熱性能の低下につながります。
 
 
 
 

外断熱工法

外断熱工法
 
 
 
外断熱工法
 
 
 
構造体の外側にパネルタイプなどの断熱材を入れ、構造体の外側全体を覆ってしまう外断熱工法。
 
メリット
   ・外装材のすぐ内側に有効な断熱層をつくることで、日射や放熱冷却の影響を受けにくく熱損失が
        少ない。
   ・内断熱工法の場合とは逆に、床や壁、屋根を室内環境を保つための蓄熱体として利用することが
        でき、室内温度を適正に保つためのエネルギーが少ないため経済的である。
 
デメリット
   ・建物の形状によっては施工の手間がかかり、工夫が必要となる
   ・施工になれている業者が少なく、未だ確立された汎用工法がないため施工コストが高い。
 
 
 
 
 
断熱材
大洋建設では、壁内部に充填断熱材としてロックウールを、外張断熱材としてネオマフォーム(ボード状断熱材)を使用しています
 
 
ネオマフォームについて
 

  高性能フェノールフォーム断熱材『ネオマフォーム』は、熱的にも化学的にも安定したフェノール樹脂と、非フロンガスを採用した高性能断熱材です。
経時変化が少なく、かつ燃えにくく、万一の火災時でも黒煙や有毒ガス発生が極めて少ない安全性の高い断熱材です
 

 

 

 

ネオマフォーム説明

ネオマフォーム説明
 
ネオマフォームの熱伝導率は、 数ある断熱材の中でも世界最高レベルのλ=0.020W/(m・K)、他の断熱材に比べて、同じ厚さでも高い断熱性能を発揮します。高い断熱性の秘密は、髪の毛の太さほど(100 ミクロン未満)の微細な気泡構造。その気泡の小ささは、他素材の断熱材と比較しても際立っています。
 
 
 

長期にわたって高い断熱性能が継続

長期にわたって高い断熱性能が継続
 
長期にわたって高い断熱性能が継続
断熱性能の25年後の経年劣化を想定した熱抵抗比較は以下の通り。ネオマフォームは初期値が高く性能が落ちにくいことがわかります。
 
長期にわたって高い断熱性能が継続
家は一度建てたら何十年も暮らしていくもの。だから、長く使っても性能が落ちにくい断熱材を選ぶことが大切です。ネオマフォームは、地球環境のことをしっかりと考えた断熱材。オゾン層破壊の原因になるフロン系ガスを一切使わず、自然界に存在する「グリーンガス」を使って発泡させた製品です。
 
 
   
大洋建設の建物は、天井が二重天井になっています。
第一に、二層にすることで捨て天井と仕上天井の間は空気層となり、温度のムラを無くし内部結露を防ぎます。
第二に、断熱材と仕上天井が接していないため、照明器具などからの冷たい風が部屋に流入しにくく、電気・設備等施工時に気密層を傷付ける心配が少ないので、気密を良く出来るのです。
   
捨て天井上部は配管、ダウンライト施工等による断熱欠損が起きない工夫として、二重天井(仕上げ天井/吊天)にて施工されています。
株式会社 大洋建設
〒007-0843
北海道札幌市東区北43条東
19丁目2-2 大洋ビル2F
TEL:011-780-1008
FAX:011-784-1009
(FAX番号が変わりました!)
qrcode.png
http://taiyoukk.com/
モバイルサイトにアクセス!
<<株式会社 大洋建設>> 〒007-0843 北海道札幌市東区北43条東19丁目2-2 大洋ビル TEL:011-780-1008 FAX:011-780-1009