換気

 
 
 
24時間換気システム
 
 
   
 24時間換気システムとは、室内の空気をファンなどの機械を使って計画的に入れ替え、常に新鮮な空気を維持するためのシステムです。
 
住宅の高断熱高気密化にともない、VOCをはじめとした、化学物質によるシックハウス症候群の増加が問題になりました。
そこで2003年に建築基準法が改正させ、24時間換気システムを設置することが義務づけられました。
 
 
 
温度交換効率95%の性能により常に室温に近い給気が可能。ヒートショックのリスクを低減しながら新鮮空気を供給します。
 
 
●業界初の高性能選択透過膜と独自の対向流構造を採用●
対向流型熱交換素子の採用とDCブラシレスモーターの搭載で抜群の経済性です。
 

3種類の方法

3種類の方法
 
■第一種換気
 
給気と排気の両方にファンを使って、強制的に換気するタイプです。
大洋建設では給気と排気は1か所で行い、ダクトを伸ばして各部屋の換気をする集中方式を採用しております。
 
 
■第二種換気
給気にファンを使って強制換気をして、排気は自然換気をするタイプです。
 
■第三種換気
給気は自然給気で、排気にファンを使って強制換気するタイプです。
 
 
建築基準法では、24時間換気システムで必要な換気量は0.5回/h、つまり、2時間に1回家中の空気が入れ替わる換気量を確保しなければならないと定められています。
 
換気量が少なすぎると健康に悪く、具体的な例では逆に多すぎると、冷暖房のロスが大きくなってしまいます。
 

エンタルピーとは…?

エンタルピーとは…?
 
エンタルピーとは、物質の持っているエネルギーのことで、
 顕熱(ケンネツ)と潜熱(センネツ)を合計したものをいう。
 
 
ちなみに・・・
 
顕熱とは、物質に熱を与えた時に温度変化に使われる熱のこと。たとえば、水が0℃から100℃まで変化する時に使われた熱のこと。
 
潜熱とは、圧力が一定で物質が状態変化している間は、熱を与えても変化しないでこの時に使われる熱のこと。たとえば、水が100℃から水蒸気になる時に使われる熱のこと。
   

床下換気に加え、珪藻土※20kを投入。
※稚内珪藻頁岩(わっかないけいそうけつがん)。
稚内珪藻頁岩とは、植物性プランクトン由来の珪藻土が何万年もの時を経て、変成してできた海成の堆積岩です。
環境にやさしくて安心。脱臭と湿度の調整が同時にでき、結露の解消・湿気によるカビの発生を抑え、シックハウス対策にも有効です

 
 
 
土間床内に珪藻土ペレットを設置(調湿効果・結露対策・消臭効果)
 
 
株式会社 大洋建設
〒007-0843
北海道札幌市東区北43条東
19丁目2-2 大洋ビル2F
TEL:011-780-1005
FAX:011-784-1009
(FAX番号が変わりました!)
qrcode.png
http://taiyoukk.com/
モバイルサイトにアクセス!
<<株式会社 大洋建設>> 〒007-0843 北海道札幌市東区北43条東19丁目2-2 大洋ビル TEL:011-780-1005 FAX:011-780-1007