大洋建設|新築住宅|注文住宅|札幌市東区北|工務店|耐震構造|ダブル断熱|高断熱|高気密|ハイブリッドハウス|ゼロエネルギーハウス|二世帯住宅|スマートハウス

お知らせ
 
株式会社大洋建設は2017年7月からイゼッチハウス北海道株式会社のグループ中核企業となり、7月以降の新築住宅は
イゼッチハウス北海道が担当いたします
 
これからもイゼッチハウス・大洋建設をよろしくお願いいたします
 
代表取締役 鏡原 勲
 

こだわりの構造体

 
 
長持ち(長生き)するマイホーム
経済性、省エネ、耐久性、安心・安全、消耗性、環境性、耐震性を柱とした「長持ち(長生き)するマイホーム作り」をコンセプトとしています。
 

建物構造

建物構造
       
 

※F★★★★等級とは

※F★★★★等級とは
 
F★★★★(エフ・フォースター)等級とは、JIS規格による有害物質の等級表示です。F★★★★(エフ・フォースター)はその発散レベルが最も低いことを表しています。
最近問題となっているシックハウス症候群の原因として、建物の建材から排出される有害物質が考えられています。
特にホルムアルデヒドという物質の影響が大きいとされ、F★★★★(エフ・フォースター)等級とはその発散量を表すものになります。これらの区分は、建築基準法による建材使用制限区分と同じになっており、建材に含まれる有害物質の発散量がどのくらい制限されたものなのかを等級(★の数)によって判断することができます。大洋建設では、F★★★★(エフ・フォースター)等級の建材を使用し、有害物質の発散を大幅に軽減した家づくりを行っています。
 

ZEH登録業者としてのご提案

ZEH登録業者としてのご提案
 
ZEC事業計画策定についてのご案内
大洋建設では2016年4月4日より登録が開始されました「平成28年ZEHビルダー登録申請」を行い
以下の通りZEH事業計画を策定いたしました
 
ZEH受託率*全て全体受注棟数に対しての受託割合
 
 
平成28年度8% (実績0%) 平成29年度10%  平成30年度18%  平成31年度30% 平成32年度45%
 
Nearly ZEH受託率
 
平成28年度2% (実績2%)平成29年度6%  平成30年度8%  平成31年度8%   平成32年度8%
 
ZEH受託率合計
 
平成28年度10% (実績2%) 平成29年度16%  平成30年度26%  平成31年度38% 平成32年度53%

具体的なZEH普及策
 
【ZEHの衆知・普及に向けた具体策】
「ホームページ上でのZEH登録業者である事の告知を行う。営業及び工事部への研修活動を実施して顧客への啓蒙活動促進を行う。定期的に行っている自社セミナーにより、ZEHの必要性を
紹介し、具体的施工の見積書への転換を行う」
 
【ZEHコストダウンにむけた具体策】
「C値及びUA値等の基本断熱性能は既にZEH基準を満たしている事から、原価削減の見直しにより削減への検討を行う。創エネシステムについては共同購入システムを強化する事により、大量購入のスケールメリットを効果的に活用して行く」
 
【その他の取り組みについて】
「創エネについては太陽光発電のみに依存するのでは無く、太陽集熱や地熱利用等の再生エネルギー活用についての情報収集や実証実験を継続して行って行く」

以上の取り組みを積極的に行なって行く事により、お客様に対して地球規模でのエネルギー対策をご理解戴くと共に、よりお求めやすい価格で、最高品質のZEHシリーズ住宅を提案出来る様に努力してまいります

㈱大洋建設 ZEHシリーズ起案担当
生産部 奥林 洋樹 

 
株式会社 大洋建設
〒007-0843
北海道札幌市東区北43条東
19丁目2-2 大洋ビル2F
TEL:011-780-1008
FAX:011-784-1009
(FAX番号が変わりました!)
qrcode.png
http://taiyoukk.com/
モバイルサイトにアクセス!
<<株式会社 大洋建設>> 〒007-0843 北海道札幌市東区北43条東19丁目2-2 大洋ビル TEL:011-780-1008 FAX:011-780-1009