フォーム
 
我々のミッション 真のZEHを目指して
2017-04-11
「我々のミッションとは何か?」
「我々の顧客は誰か?」
「顧客にとっての価値は何か?」
「我々にとっての成果は何か?」
「我々の計画は何か?」
 
P.F.ドラッカー著「経営者に送る5つの質問」に書かれている言葉である
 
先日のブログでドラッカーにはまっており、全著完読宣言を行ったのだが4月11日現在、未だ完読率は35%程度となっている
 
決して怠けているわけでもなく、読書時間を短縮しているわけでも無い
 
「奥が深いのである」
 
内容について思索し、大切なキーワードをノートに書き写す時間が膨大となり、読み進むスピードが遅くなっている
 
冒頭に記載した5つの質問を考え続けるだけで時が過ぎる
 
おかげ様で日常業務も多忙を極めており、スケジュール調整もまことシビアに行っているが勉強時間はけずらない
 
唯一、人様に自慢できる事があるとすれば自分自身がいかに物を知らないかを自覚している事だけである
 
自覚があるから学び続けなければならない
 
相変わらず前置き長くブログを開始した生産部 奥林です
 
さて今回のブログ名を「我々のミッションとは?」にしたかと言うと、4月10日 個人的にも敬愛するPVソーラーハウス協会南野会長にお越しいただきZEH研修を行なったからである
 
会場は大規模改修工事によって大洋ビルに新設された大会議室で行った
 
新しい会議室はプロジェクター及び音響システム完備の立派な物となった
 
南野会長のご功績についてはページの都合上割愛させて戴くが、研修開催は全6回を予定しており
各回10:30から16:30までの長時間となっており、様々なカリキュラムを詰め込んだ中身の濃い研修である
 
全ての研修は「ZEH」に関してとなっている
 
私自身、補助金ありきの考え方や設備機器メーカーの販売戦略の一環とされたZEH普及には異議を唱えてきたがZEHそのものを否定した事は一度も無い
 
ZEHは絶対に必要である
 
地球温暖化防止の為の二酸化炭素削減、その為に民生部門は全ての使用エネルギーをゼロにする考えは世界の趨勢と考える
 
今回の研修ではその基本的な部分、つまり「我々のミッションは何か?」の部分に大きく関わっている
 
我々大洋建設のミッションは
「社業である住宅建築を通じ、顧客の財産形成、ご家族の安全対策に寄与する事により引いては地場である北海道から発信し、日本における経済基盤の貢献に寄与する」

「高性能住宅の販売、設計、建築に関し社員が一丸となって努力し最大の顧客満足を追求する事により、個々の業務を通じて社員が人間的成長を遂げる」
 
このミッション(表現的には企業理念ではあるが)に基づき補助金ありきのZEH提案では無く、より高度なZEHについての理解を深める為に今回研修を実施している
 
断熱気密に関して全国的に最もレベルンの高いと言われる北海道のZEH建築率は、驚くなかれ全国最下位である
 
想定される原因は幾つもあるが、一番は我々、提案する側のスキル不足が一番の要因だろう
 
提案側が深い知識とZEHの必要性、そして押しつけでは無く、お客様ご自身にとってどれだけメリットが生じるかをご理解戴けるようになれば良い
 
大洋建設は住宅性能においてほぼ全棟ZEH基準はクリアしている
 
後は創エネのメリットを分かりやすくご説明できる裏付けを、提案者個々が深く理解しお客様に提案するだけで良い
 
今回の研修を通じて、道内におけるZEH提案(建築)のパイオニア的存在になれるよう社員一丸、努力していく所存である
 
 

 
株式会社 大洋建設
〒007-0843
北海道札幌市東区北43条東
19丁目2-2 大洋ビル2F
TEL:011-780-1005
FAX:011-784-1009
(FAX番号が変わりました!)
qrcode.png
http://taiyoukk.com/
モバイルサイトにアクセス!
<<株式会社 大洋建設>> 〒007-0843 北海道札幌市東区北43条東19丁目2-2 大洋ビル TEL:011-780-1005 FAX:011-780-1007