大洋建設|新築住宅|注文住宅|札幌市東区北|工務店|耐震構造|ダブル断熱|高断熱|高気密|ハイブリッドハウス|ゼロエネルギーハウス|二世帯住宅|スマートハウス

お知らせ
 
株式会社大洋建設は2017年7月からイゼッチハウス北海道株式会社のグループ中核企業となり、7月以降の新築住宅は
イゼッチハウス北海道が担当いたします
 
これからもイゼッチハウス・大洋建設をよろしくお願いいたします
 
代表取締役 鏡原 勲
 
 
フォーム
 
プレスリリース準備中
2017-03-15
3月も中旬に差し掛かり、天候が良ければ日中の移動時には車内が暑いほどになった
日が昇るのも早くなり、目覚めの早い私としては有りがたい
 
4月以降の組織改編を目前に控え、様々な書類作成やシステム構築等の知的作業、CS観点からの現場周回で市内各地を飛び回っている
 
多忙である事に感謝
 
つい先日、月に一度開催している大洋建設各部署のリーダー会議で弊社代表より「自社営業に対してお客様の為になるブログを書く為の方法論(具体的手法を研修指導するように)
と仰せつかった
 
自分自身ブログが上手いとは思っていないのだが、いがいに研究者の方々やや他社経営陣等には評価が高いらしい 
 
世の中には自分以外にもマニアックな人が多いようである

考えて見れば最近、お客様からも「ブログの人」とのお声掛けも増加している
 
私の書くブログは「現場のこだわり」と言うタイトル通り、高性能高断熱、省エネ住宅の建築を標榜している会社の名前に恥じぬ様、いつも長文で小難しい内容に終始している(この様に書けと指示されているわけでは無いが)
 
私だって他社様の営業ブログの様に
 
「釣りに行ってきました}(釣り出来ないけど…)
「雪祭り最高!!」(人混みは好きじゃないので行きたくないけど…)
「趣味のサーフィンで波に初乗り」(ネットサーフィンなら出来るけど…)等のお題で書いてみたい
 
だけどグッと我慢して、今回も現場のこだわりブログ更新 生産部 奥林です(他社様のブログを周期的に見ているが、本題に入る前の前置きの長さにおいては、恐らく道内2番には入るのではないかと自負している。1番が誰か知らないけど…)
 
 
以前にもブログで記載した事があるが大洋建設ZEH住宅(お引渡し済み)は、ZEHと併せて北海道が新製品やシステム開発プロジェクトに対し支援する「次世代エネルギープロジェクト事業化推進事業補助金」事業にも採択されている。実証研究には北海学園大学工学部建築学科教授 佐々木博明氏の協力を得てデータ解析が行なわれている
 
過去において弊社は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NRDO)の補助金採択事業で太陽エネルギー活用の実証研究を行い、北海道においても太陽熱エネルギーの有効活用出来るという
確かな手ごたえを得ている。しかし、補助金採択事業の検証テーマは限定されており独自検証をするには至らないという弊害もあった(好き勝手に研究したいけどそれはご法度)
 
今回の大洋建設ZEH住宅は、建築のみ大洋建設にて行い、基本的な温熱環境構築や実験については「太陽集熱利用システム(太陽熱利用によるロードヒーティングシステム)」の連名特許企業である正和住設株式会社 代表取締役 高橋正樹氏が行なわれている
 
直接的な実証研究に携わってはいないが、データをご提供戴き独自見解での検証を行っている
 
今回、ご施主様並びに高橋社長のご了解を戴きプレスリリースの準備に着手した 
 
題して「積雪寒冷地におけるパッシブハウスの実現化に向けた太陽熱利用住宅」
 
小論文形式のリリースにつき、脱稿まで相応の時間を要してしまうが、地球温暖化防止の名目にてua値のみの外皮性能判定(大工技量や建築精度の検証はC値によってのみ証明出来るのだが…)設備機器そして太陽光発電システム強制搭載と言う、本当に民意に即しているのか疑問が残る住宅建築では無く
 
お客様にとって最も求められる「生活を犠牲にしない暖かな、真のZEH住宅の実現」への探求が弊社の命題である
 
ちなみに今回掲載の写真はプレスリリース時に使用を予定している、断熱処理の具体的な手法(施工前、施工後)と、ここまで有効に働くあんしん融雪システムのものです(本文との直接的関連性はございません)
株式会社 大洋建設
〒007-0843
北海道札幌市東区北43条東
19丁目2-2 大洋ビル2F
TEL:011-780-1008
FAX:011-784-1009
(FAX番号が変わりました!)
qrcode.png
http://taiyoukk.com/
モバイルサイトにアクセス!
<<株式会社 大洋建設>> 〒007-0843 北海道札幌市東区北43条東19丁目2-2 大洋ビル TEL:011-780-1008 FAX:011-780-1009