フォーム
 
無字の書
2016-08-08
「学を成すの初は もとより有字の書を読むべし
 学を為して熟すれば 宜しく無字の書を読むべし」
 
江戸時代末期の儒学者 佐藤一斎の言葉ですが
正に…と、膝を打ちます
 
冒頭に箴言を引用するのがマイブームとなりつつある生産部 奥林です
 
理論値や知識は無論大切ですが、実際の現象をつぶさに観察し、そこから学ぶ
実践体験での経験則はどのような仕事でも必須かと思います
 
例えば、現在建築中のZEH第1棟目の基礎工事中
弊社の使用している断熱一体型基礎型枠である「かんたんベース」についてもいえる事です
 
発泡系で成形された型枠ベースを、基礎ベースに指示書通りに並べ、専用部材で固定する
ただこれだけで型枠の出来上がり
 
言葉で書くと単純明快なのですが
 
この簡単な工法、誰でも出来るが誰でも出来ない
 
と、言うのも、組むことは出来ても精度が出せない
 
発泡系部材の「かんたんベース」は布コンクリートの打設で内圧が掛かり、膨張による変形や傾きが生じやすくなります
この現象を抑え、基礎精度を出す為に、単管を外圧部に適切に組んで抑え込んだり、布打設時の天端レベルを抑えたりするのは、まさに基礎職人の「経験と勘」
 
商品パンフレットには、こんな事は書いていません
「簡単に施工でき、人工手間が省け結果的に安上がりになりますよ」と、言う点が売り込み文句です
 
実際、弊社の管理基準では基礎天端のレベル差は10mm以内としています
基礎完成時には工事管理者が目視やレーザーによるレベル取りを行い基礎精度を確認しており
 
大工乗込み時、土台敷き込み時点で大工がレベル取りを行い、傾きや天端レベルなどの実際の精度を計測し、工事管理者に報告
チエック担当者が「基礎完了チエックシート」と言う書式に詳細を記載し上席報告の上、記録書を保管します
 
実際の弊社基礎天端レベル差は最大で6mm程度に収まる事がほとんどです
基礎には外周部においては10数メートルの長尺部位や中基礎など、全体布長さは60m以上となる事が多いですがそのレベル差が最大でも6mm…
 
これはまさに冒頭の言葉通り、字なき書を読みて学ぶ現場の知恵
 
基礎精度が高いと余計やスペーサーや発泡系ウレタンによる断熱取り合い部の干渉を軽減出来、結果的には断熱や気密性能の高い住宅を実現出来ます
 
「高気密高断熱の家」は全メーカーの決まり文句
 
 
ただ使用部材を断熱性能ハイレベル商品だけの組み合わせで簡単に達成出来るとかと言うと、そうではありません。そこには確かな技術力が必要とされます
 
ハイレベル商品と高度な熟練者による施工が一体となる事が、どれ程お客様にとってのメリットに繋がるかは言うまでもありません
 
 
 

 
 
プロとして
2016-08-04
日々進むZEH住宅の工事進捗に併せてブログ更新  生産部 奥林です
 
昨日8月3日は第三者機関である日本住宅保証検査機構(通称JIO)「配筋検査」がありました
弊社では作業効率の観点から配筋検査終了後、間髪を入れずベースコンクリートの打設を行います
 
配筋検査時には第三者検査機関から検査員が現場入りし、申請図面通りの配筋が成されているかのチエックを行います
 
昨日のブログでも記載しました通り、大洋建設 現場管理者は事前に鉄筋ピッチやコーナー部位の重なり等をチエックしているので指摘の心配をすることはありません
 
折角なので検査員の方に了解を戴き、検査風景を写真に収めました

鉄筋検査が終了したら、ベースコンクリートの打設
開始予定時刻30分前にはポンプ車が現場入りし、打設準備に入ります
 
設置が終わるタイミングでミキサー車が現場入り

ここからはまさに職人芸の世界です
打設箇所に併せて遠隔操作でポンプ車のアームを自在に操りながら、生コンを流し込み
 
基礎業者は打設厚みを確認しながら球場整備に使う“トンボ”状の器具を使用しながら均等に均しを行って行く
 
当然コンクリートは放置すれば固まって行くので、時間との戦い
 
その無駄の無い動きはまさに舞踊の様
 
ポンプ車のホースが縦横無尽に動き、基礎職人が打設されたコンクリートがどんどん均らして行く
ミキサー車の運転手さんは打設状態に併せて生コンを適量に送りこんで行く
 
無駄口をたたく暇も無く、皆、プロとして動きます
 
打設が終了すると、基礎職方がさらにコテで均しを行って行きます
 
気温の高い中、汗を滴らせながら仕事するプロの背中…
 
基礎業者さんに限らず、大洋建設は住宅建築に関わるプロの職人がこだわりを持って施工する事により
高気密高断熱の住宅をお客様にご提供出来るのです
 
 
見えぬからこそ…
2016-08-03
「巧言令色鮮し仁」
論語の中の言葉ですがその意味は、
言葉巧みで、人から好かれようと愛想を振りまく者には、
誠実な人間が少なく、孔子の説く「五常」の中において最も高位に位置づけた徳目である“仁”の心が欠けていると言う意味です
 
「仁」とは、他人を思いやる心を元にして自己を完成させる、最高の徳のこと
とかく人は容姿端麗、言語明瞭の人を褒め称える物
しかし日々学び、自己完結に向けて努力している人であれば薄っぺらいメッキなど短時間で見抜ける物だと思います
 
生産部 奥林 相変わらず前置き長くブログ更新です
 
さて何故、冒頭を論語から始めたかと申しますと(いつもの事ですが…)
 
前回のブログで記載しました通り、大洋建設第1棟目となるZEH住宅の伏線とする為です
 
今回のお題は基礎配筋
 
鉄筋コンクリートが何故、強度を保てるかと言いますと
圧縮に強いコンクリートとひっぱりに強い鉄筋を組み合わせ一体化する事により、相互の良い所を併せ持つ強度を実現すると言う事は皆様ご存知かと思います
 
実際のご施主様でも、建築中基礎配筋の結合及びピッチを確認されておられる方はごく少数かと思います
 
基礎配筋はコンクリート打設により目視する事が出来なくなる部位です
但し基礎配筋が重要なのは言うまでもありません
 
当然、私達大洋建設 生産部の管理者は基礎配筋のチエックを行い、第三者審査機関の配筋検査も受けておりますが
 
第三者審査機関から不適合を受ける前に自らの目で確認する事により、強度不足の懸念は全て払拭し配筋検査に臨みます
 
ピッチについては各方位から俯瞰し、ランダムに配筋ピッチをメジャー当てで確認
鉄筋被り厚み等を細かくチエックします
 
目に見えないけれども大事な部分
そう言った大切な部位の施工性にこだわりぬくからこそ「お客様に安心快適な住宅提供」と言うスローガンを胸を張って言えるのです
 
ZEH住宅着工開始
2016-07-30
「学びて時にこれを習う また楽しからずや」
「これ知るを知ると成し 知らざるを知らざると成す これ知れるなり」
ご存知の方も多いかとは思いますが論語の言葉です
意味は読んで字の如しですので割愛いたします
 
自分自身、齢五十を重ねても未だ「知らざるを知らざると成す」心には達せず
 
知識欲は留まらず、興味ある情報は片っ端から入手して大切に思うところは愛用の手帳に記載
インプット総量が膨大なため「学びて時にこれを習う」に至らず
 
「時よ止まれ、お前は美しい」(ゲーテのファウストより抜粋)と嘆く日々
相変わらず、前置きが長い生産部 奥林です
 
さて冒頭でのべました様に、時は移り時代は進歩(技術と置き換えても良い)していくもの
建築業界における2030年完全義務化を目標としたZEHも時代の反映でしょう
 
住宅環境整備において「空家ストックの有効利用」「1次エネルギーを消費を“0”とする住宅」は最大のテーマ
 
弊社では助成金の有無に関わらず、施工全棟ZEH化に向けて研鑽を重ねています
 
ZEH住宅1棟目となる建物の施工が7月16日より開始されました
現在、基礎工事中ではありますが
 
ZEH対応の基本断熱性能に加えて、1次エネルギー消費を補完する太陽光発電システム搭載は勿論の事
弊社がNEDO事業の実証研究にて道内最先端として実証研究を行ってきた太陽集熱パネルによる給湯熱付加を搭載
 
エネルギーの効率的運用に必須なHEMSは勿論、売電に頼らない完全なる自給自足の為の蓄電池も搭載しています
 
まさにフルスペック
 
当面、私のマニアックなブログは、工事進捗状況の報告を中心に展開させて戴こうと思っています
 
全ては住宅マニアの為に…もとい、全てのお客様に寒冷地の未来型住宅をご理解戴くために
 
 
 
 
安全大会開催 紅一点 原田大工登場
2016-07-19
久しぶりの更新となります 生産部 奥林です
 
お陰様の建築繁忙期につき、諸々の業務が多忙
処理能力の問題か、慌ただしく日々を過ぎブログの更新も間延びしてしまいました
 
さて今回は、毎年恒例の大工安全大会の模様を、写真と共にご報告致します
7月23日 15:00 1件目の視察現場に集合
 
管理者と大工併せて19名が、全員で施工状況チエックを行います
 
お互いがプロ、全員の厳しい目が緊張感を醸し出します
当然、施工には自信があるのでしょうが視察に選ばれた現場の棟梁にも緊張感が走ります
 
10分間のチエックの後
 
生産部部長の開会挨拶(実は私…)に続き
「安全衛生指導とお客様からの指摘事項」の事案
「現場ショールーム化へ向けての整理整頓」に関する話
 
現場を移動して施工状況チエック
「現場マナーと明るい挨拶」の唱和
「建て方安全10カ条」唱和
「緊急連絡先と連絡ルール再確認」
「大工からの会社要望」
 
現場を移動して施工状況チエック
 
4種の「検査シート」チエック方法とチエック履歴から見る是正対応についての質疑
その他応援体制と注文書等、各書類の記載注意事項等
 
3時間で盛りだくさんの内容で研修を実施します
 
参加者は皆、真剣そのもので冗談を言う暇も無いほど
ですが現場移動の僅かな時間に久しぶりに顔を合わせた大工同士で会話も弾んでいました
 
男の集団にまみれて、大洋建設紅一点社員大工の原田大工を撮影
 
入社して4ヶ月少々ではありますが、職人の世界にもすっかりと慣れ
あちらこちらの大工に声を掛けられ可愛がってもらっていました
 
株式会社 大洋建設
〒007-0843
北海道札幌市東区北43条東
19丁目2-2 大洋ビル2F
TEL:011-780-1008
FAX:011-784-1009
(FAX番号が変わりました!)
qrcode.png
http://taiyoukk.com/
モバイルサイトにアクセス!
<<株式会社 大洋建設>> 〒007-0843 北海道札幌市東区北43条東19丁目2-2 大洋ビル3階 TEL:011-780-1006 FAX:011-780-1007